bg-pattern

社員紹介

staff
荒川孝行

1995年 中途入社

荒川孝行 Takayuki Arakawa

アフターサービス部 / リフォーム営業担当 / 次長


地元宮城で生まれ育ちました。 前職は東京で金融関係の仕事に従事しておりました。30歳を機に地元に戻り、一条工務店宮城に就職しました。 新築住宅の営業を15年行いリフォーム部門に移り10年経過し今に至ります。

現在の仕事内容について教えてください。

リフォーム営業です。 お施主様の10年、20年、30年定期点検、お施主様からのリフォーム依頼、展示場からのリフォーム案件依頼、WEBからのリフォーム依頼を主に行っております。 また、宅地建物取引士として会社の不動産売買の仲介も行っております。 アフターサービス部の社員の管理を行っており、会社全体の戦略会議にも参加しております。

どんな時に仕事のやりがいを感じますか

お客様から感謝の言葉を頂いた時にやりがいを感じます。 お客様が困っていることや住宅以外のことでも、相談を受けたりしています。頼りにされると気持ちが高ぶります。 また、一緒に働く仲間が楽しく仕事しているのを見ることもやりがいにつながっています。地域密着で必要とされる会社、必要とされる人として認めてもらいたいと思っております。地元出身なので宮城の人々の力になれればと思います。

今後、仕事でやってみたいこと、取り組んでみたいことはありますか?

一条工務店宮城のお施主様を中心にライフサイクル事業を展開してお役にたって行きたいと思います。 お客様の人生に寄り添い、身近なパートナーとしてお付き合いし、事業に繋げる。冠婚葬祭は無論のこと、進学の相談やお施主様が所有する不動産の管理・仲介・賃貸などのお手伝いしていきたいです。 また、買取り再販事業を行い地域にも貢献していきたいと考えております。

仕事をする上で大事にしていることはなんですか?

第一はお客様を楽しませること、安心して信頼頂くことです。 信頼は積み重ねることで生まれるもので、一番大切にしております。お客様からの厚い信頼があれば、再度お仕事を頂けることに繋がります。その信頼も不信感を抱く行動や態度をしてしまうと一瞬で無くなります。 地域密着で仕事する以上、絶対に信頼が大切と考えております。加えてワクワクするようなリフォームのご提案も心掛けております。

今後の目標を教えてください。

地域に密着して宮城県で必要とされるリフォーム会社になることです。 そして、『あの会社、あの方がいないと困る…』と思われることです。 新築は無論のこと、リフォーム事業でも宮城県で必要とされる会社になりたいと思っております。一気には出来ませんがお客様からの小さな信頼を積み上げ、また、工事実績を積み上げて、目指したいと考えております。不動産事業も併せて展開して、総合的なリフォーム会社になることが目標です。

休日はどのように過ごしていますか?

休みの日は主に街をぶらぶらしたりして散歩を楽しんでおります。 最近できたお店や昔からある老舗店舗を訪問したりしています。 名所、旧跡など普段立ち止まらないと発見出来ないところなどが数多くあります。 他に市場に買い出しに行き、料理して晩酌も楽しんおります。新鮮なお魚に出会えた時は最高の食事になります。

ご依頼くださる方に一言お願いします。

お客様のご依頼には早く、正確に、わかりやすく対応致します。 また、お客様の生活スタイルに合わせて、より良い生活出来るようご提案します。 困ったときやリフォームのご相談でなくても構いませんのでご連絡ください。真摯に対応致します。 地域で必要とされる会社、必要とされる人間を目指しており、お客様がワクワクするようなご提案も心掛けておりますので是非ともご依頼ください。宜しくお願い致します。